Vinca Beta

海応寺

基本情報

所在地
〒238-0105
神奈川県三浦市南下浦町毘沙門1936
TEL / FAX
046-881-5718
e-MAIL
URL
業種
寺院
コメント
最寄り駅
京浜急行久里浜線 三崎口 3610m
京浜急行久里浜線 三浦海岸 4590m
京浜急行久里浜線 津久井浜 5940m

関連情報

地図

Open Google Map

ウィキペディア検索

山県郡
、有田村、川東村、惣森村、川西村、春木村、蔵迫村、舞綱村、下石村、寺原村、有間村、今田村、川戸村、大塚村、大朝村、宮迫村、新庄村、岩戸村、中山村、 海応寺 村、上石村、志路原村、田原村、筏津村、今吉田村、吉木村、阿坂村、西宗村、中原村、都志見村、戸谷村、長笹村、穴村、坪野村、津浪村、加計村、下筒賀村、
吉川元春
吉川元春館跡は居城・日野山城西南の麓に所在し、志路原川の河岸段丘上の緩斜面に築造されていた。川が堀の役割を果たしており、西側の山に菩提寺の 海応寺 跡がある。 これまで、石垣、土塁、掘立柱建物を中心とする屋敷、庭園を確認している。屋敷からは建物のほかトイレ遺構2基が検出されている。また、大溝か
吉川元春館
吉川元春館(きっかわもとはるやかた)は、広島県山県郡北広島町志路原字 海応寺 にある吉川氏の居館跡である。国の史跡。 居城の日野山城の西南の山麓、志路原川の河岸段丘上に築かれ、その志路原川が堀としての役割を担っている。南側正面には高さ約3mの巨大な石垣が約80mに渡って続き、後方は山、両側には土塁を築
吉川元長
改名 鶴寿丸(幼名)、元資(初名)、元長 別名 少輔次郎(通称)、黙然斎、鉄斎(号) 戒名 万徳院前礼部中翁空山大居士 墓所 広島県山県郡北広島町の 海応寺 官位 治部少輔 主君 毛利隆元、輝元 氏族 藤原南家工藤流吉川氏 父母 吉川元春、新庄局 兄弟 元長、毛利元氏、広家、松寿丸、 益田元祥正室、雪岩秀梅
豊平町 (広島県)
合併して北広島町に移行したことに伴い廃止する。 小学校 北広島町立豊平小学校 中学校 北広島町立豊平中学校 阿坂(あざか) 今吉田(いまよしだ) 海応寺 (かいおうじ) 上石(かみいし) 志路原(しじはら) 下石(しもいし) 都志見(つしみ) 戸谷(とだに) 長笹(ながささ) 中原(なかばら) 西宗(にしむね)
豊平交通
琴谷車庫 - 中原神社 - 豊平東小学校前 - 志路原 - 海応寺 - 下石 - 蔵迫 - 壬生口 - 北広島町役場前 - 千代田ICバスセンター - 壬生小学校 下石線 豊平中学校 - 豊平支所 - 琴谷車庫 - 豊平東小学校 - 志路原 - 海応寺 - 下石 吉木長笹線 琴谷車庫 - 豊平支所 - 豊平西小学校
山県警察署 (広島県)
山県郡安芸太田町のうち猪山、平見谷 山県郡北広島町のうち移原、大暮、小原、高野、溝口、米沢 豊平駐在所(山県郡北広島町戸谷) 山県郡北広島町のうち 海応寺 、上石、志路原、下石、都志見(庄原上、庄原下、田の原、細河内、向井原)、戸谷、中原、西宗、長笹、吉木(水根) 吉坂駐在所(山県郡北広島町阿坂)
吉川松寿丸
凡例 吉川松寿丸 時代 安土桃山時代 生誕 不明 死没 天正6年10月27日(1578年12月6日) 改名 松寿丸(幼名) 別名 禅岑法師 墓所 海応寺 (広島県山県郡北広島町) 氏族 藤原南家 工藤流吉川氏 父母 父:吉川元春、母:新庄局 兄弟 元長、毛利元氏、広家、松寿丸、 益田元祥室、吉見元頼室
八重タクシー (広島県)
全便日曜日・祝日・お盆・年末年始運休。 豊平線 壬生小学校 - 千代田ICバスセンター - 壬生口 - バイパス蔵迫 - 下石 - 海応寺 - 志路原 寺原今田線 バイパス蔵迫 - 壬生口 - 千代田ICバスセンター - 壬生小学校 - 千代田ICバスセンター - 壬生口 - 奥今田
トイレ遺構
広島町(旧・豊平町))西南の麓に所在し、志路原川のつくる河岸段丘上の緩斜面に築造されており、川が堀の役割を果たしている。また、西側の山には菩提寺の 海応寺 跡がある。元春は毛利元就の次男で、吉川家に養子に入り15代当主となって、弟の小早川隆景とともに「毛利の両川」の一人として活躍した。元春は天正10年

企業データ

QR CODE
jquery
HeartRails Express
Webサービス by Yahoo! JAPAN

PAGE TOP