Vinca Beta

永願寺

基本情報

所在地
〒939-1117
富山県高岡市戸出大清水383
TEL / FAX
0766-63-0524
e-MAIL
URL
業種
寺院
コメント
最寄り駅
JR城端線 戸出 1020m
JR城端線 林 2190m
JR城端線 二塚 3400m
周辺情報
高岡市立戸出東部小学校 小学
戸出消防署 消防署

関連情報

地図

Open Google Map

ウィキペディア検索

永願寺 (世田谷区)
永願寺 (えいがんじ)は、東京都世田谷区にある真宗大谷派の寺院。「烏山寺町」を構成する26の寺院の1つである。 1617年(元和3年)、浄林坊浄順によって開山された。 浄順は越後国高田(現・新潟県上越市)の武士出身で、神田に 寺 を創建した。その後1766年(明和3年)に浅草清島町(現・台東区東上野)に移転した。
私年号
なくてはならない。最古の私年号とみられる「保寿」は、平清盛の台頭を背景として藤原氏の息災を祈るために、次いで現れた「和勝」「迎雲」は、ともに治承・寿 永 の乱(源平合戦)の終結による平和の再来を寿ぐために使用された。鎌倉期の「建教」「永福」「正久」などは、何れも僧侶によって使用されたもので仏教的色彩が
浄土真宗
英訳は、浄土真宗本 願寺 派ではJodo Shinshuとし、真宗大谷派・真宗佛光寺派ではShin Buddhismとしている。 親鸞が著した浄土真宗の根本聖典である『教行信証』の冒頭に、釈尊の出世本懐の経である『大無量寿経』が「真実の教」であるとし、阿弥陀如来(以降「如来」)の本願(四十八 願
親鸞
114-119「恵信尼について」 ^ 参考文献…『本 願寺 系圖』(大阪本 願寺 本) ^ 興正 寺 史話【十五】「興正 寺 の伝承 その一」 ^ 興正 寺 史話【十六】「興正 寺 の伝承 そのニ」 ^ 興正 寺 史話【十七】「興正 寺 の伝承 その三」 ^ 興正 寺 史話【十八】「興正 寺 の伝承 その四」 ^ 『中外日報』2008年1月17日付を参照。
善導
寺 に戻り厳しい修行をおこなう。 その後長安に出て、『阿弥陀経』(10万巻)を書写して有縁の人々に与えたり、浄土の荘厳を絵図にして教化するなど、庶民の教化に専念する。一方で、龍門奉先 寺 の石窟造営の検校(けんぎょう)を勤めるなど、幅広い活動をする。長安では、光明寺・大慈恩寺・実際 寺 などに住する。 永
地蔵菩薩
室生寺(奈良県宇陀市) - 平安時代(五尊像の一つとして) 宝戒 寺 (神奈川県鎌倉市) - 仏師憲円の作 善 願寺 (京都府京都市) - 平安時代(腹帯地蔵) 菩提寺(青森県むつ市) - 恐山の中核をなす寺院、地蔵菩薩を本尊とする 牛久成田山真浄 寺 (茨城県牛久市) - 水子を守護する水子地蔵尊 高岩寺(東京都豊島区)
醍醐寺
、当初は紀州国湯浅(現・和歌山県有田郡湯浅町)の満 願寺 (12世紀後半に建立された後白河法皇の御 願寺 )本堂であった。秀吉が紀州征伐を行った当時、湯浅一帯を支配していた守護・畠山氏の家臣・白樫氏が満 願寺 一帯を拠点としており、その居城である白樫城(満 願寺 城)と共に焼き討ちされる予定であったが、ちょうど醍
日本の国宝一覧
伝教大師度縁案並僧綱牒(3通)(京都・来迎院) 伝教大師入唐牒(延暦 寺 ) 嵯峨天皇宸翰光定戒牒(弘仁十四年(823年)4月14日〉(延暦 寺 ) 入唐求法巡礼行記(円仁記、兼胤筆)(岐阜・法人蔵) 円珍関係文書 8巻(東京国立博物館) 智証大師関係文書典籍 46種(園城寺) 亀山天皇宸翰禅林 寺 御起 願 文案( 永 仁七年(1299年)3月5日)(南禅寺)
富山県
1207年(建 永 2年・承元元年)2月28日 - 『高田開山親鸞聖人正統伝』によると、この日親鸞に越後へ流罪の宣旨下り、同年3月28日に到着したという(承元の法難)。この途上、越中を経由したと伝えられ、『遺徳法輪集』には射水郡光久 寺 、極性 寺 、新川郡三日市村徳法 寺
日本の寺院一覧
木之本地蔵院(きのもとじぞういん)(浄信 寺 、滋賀県長浜市) 紀三井寺(きみいでら)(護国院、和歌山県和歌山市) 教王護国寺(きょうおうごこくじ)(東寺、京都市南区) 行 願寺 (ぎょうがんじ)(革堂、京都市中京区) 清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)(兵庫県宝塚市) 清水 寺 (きよみずでら)(京都市東山区) 清水 寺 (きよみずでら)(岩手県花巻市)

企業データ

QR CODE
jquery
HeartRails Express
Webサービス by Yahoo! JAPAN

PAGE TOP