Vinca Beta

明尊寺

基本情報

所在地
〒759-1342
山口県山口市阿東生雲中416-1
TEL / FAX
083-954-0716
e-MAIL
URL
業種
寺院
コメント
最寄り駅
JR山口線 三谷 5180m
JR山口線 名草 5900m
JR山口線 渡川 6650m
周辺情報
山口市立生雲小学校 小学
斎藤文陽堂 書店
JA山口中央阿東生雲支所 銀行その他
生雲郵便局 中央、普通郵便局、特定郵便局、簡易郵便局

関連情報

地図

Open Google Map

ウィキペディア検索

明尊
明尊 (みょうそん、天禄2年(971年)- 康平6年6月26日(1063年7月24日))は、平安時代後期の天台宗の僧。志賀僧正と称される。父は兵庫頭・小野奉時で、三蹟・小野道風は祖父にあたる。 幼いときに園城寺(三井寺)に入り、余慶から顕教・密教の2教を学び、慶祚からその奥義を伝授された。円満院に住し
行尊
行 尊 (ぎょうそん、天喜3年(1055年)- 長承4年2月5日(1135年3月21日))は、平安時代後期の天台宗の僧侶・歌人。平等院大僧正とも呼ばれる。 父は参議源基平。園城寺(三井寺)の 明尊 の下で出家、頼豪から密教を学び、覚円から灌頂を受けた。1070年(延久2年)頃より大峰山・葛城山・熊野などで修行し、修験者として知られた。
世尊寺流
尊寺 家を名乗り、代々そこを住居としたためこの名で呼ばれた。 初代藤原行成から17代を数えるが、1529年(享禄2年)、17代目世 尊寺 行季没をもって、世 尊寺 家は断絶し、それにより世 尊寺 流は断絶した。 尊 円流 法性寺流 持 明 院流  世 尊寺 家 日本の書流 楠木正虎 - 織田信長の右筆。世 尊寺 流の流れを組むという。
世尊寺行房
世 尊寺 行房(せそんじ ゆきふさ、生年不詳 - 延元2年/建武4年3月6日(1337年4月7日))は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての公卿・能書家・歌人。世 尊寺 家第11代当主。従二位・世 尊寺 経尹または少納言・世 尊寺 経名の子。官位は四位・左近衛中将。一条とも号した。
天台寺門宗
文慶 教静 文慶(再任) 心誉 文慶(三任) 明尊 永圓 明尊 (再任) 覚圓 隆明 増誉 行 尊 覚猷 覚宗 行慶 道恵 覚忠 覚讃 房覚 公顕 実慶 定恵 静恵法親王 真圓 実慶(再任) 公胤 実慶(三任) 公胤(再任) 行意 覚任 覚実 圓忠 覚朝 良 尊 圓静 静忠 道慶 重圓 覚恵法親王 公縁 道智
1063年
995年-1000年) 4月30日 - 仁宗、北宋の第4代皇帝(* 1010年) 7月24日(康平6年6月26日) - 明尊 、平安時代の天台宗の僧(* 971年) 12月3日(康平6年11月11日) - 覚助、平安時代の天台宗の僧(* 1013年) トゥグリル・ベグ、セルジューク朝の初代スルターン(*
桜井町 (富田林市)
明尊寺 を中心に旧家が集まっている一角である。喜志村を構成した諸村を古くから喜志七郷と呼び、大深(喜志町)、木戸山、川面、平、宮、櫻井に加え、櫻井と中野の間にあった南畑(みなみばたけ)も現在の桜井町内にあたる。 浄土真宗本願寺派歸命山 明尊寺 は親鸞が叡福 寺
三筆
三筆と尊称される能書は以下の通りであるが、単に三筆とした場合は空海・嵯峨天皇・橘逸勢の3名を指す。 三筆 (空海・嵯峨天皇・橘逸勢) 世 尊寺 流の三筆(藤原行成・世 尊寺 行能・世 尊寺 行尹) 寛永の三筆(本阿弥光悦・近衛信尹・松花堂昭乗) 黄檗の三筆(隠元隆琦・木庵性瑫・即非如一) 幕末の三筆(市河米庵・貫名菘翁・巻菱湖)
日本の書流
では唐様が遊芸の象徴として扱われている。 藤原行成に始まる家系を世 尊寺 家といい代々能書を輩出した。その世 尊寺 家の人々を中心とした書流を世 尊寺 流という。17代で終焉となったのち持 明 院基春が継承し持 明 院流として江戸時代まで続いた。世 尊寺 家6代伊行は日本最初の和様の書論書『夜鶴庭訓抄』を遺し、また、7代
円満院
明尊 大僧正が長久元年(1040年)に後朱雀天皇の支援を受けて岡崎の地に新しい 寺 を創建し「圓滿院」と命名したという消息が記されている。 永承7年(1052年)、関白藤原頼通が父の道長の別荘であった宇治殿を寺院に改めて、平等院の 明尊

企業データ

QR CODE
jquery
HeartRails Express
Webサービス by Yahoo! JAPAN

PAGE TOP