Vinca Beta

妙願寺

基本情報

所在地
〒769-1615
香川県観音寺市大野原町丸井461
TEL / FAX
0875-27-6017
e-MAIL
URL
業種
寺院
コメント
最寄り駅
JR予讃線 豊浜 4890m
JR予讃線 観音寺 4940m
JR予讃線 本山 5940m
周辺情報
観音寺市立粟井小学校 小学
JA香川県紀伊支店 銀行その他
エネオス粟井SS エネオス

関連情報

地図

Open Google Map

ウィキペディア検索

妙願寺
妙願寺(みょうがんじ)は、岡山県津山市戸川町にある浄土真宗本願寺派の寺院。通称は「鶴山御坊」。山号を「法雲山」といい、美作国の触頭を務めた。 寺伝によれば、森成利の母・妙向尼の発願によって建立された。妙向尼は元亀9年(1570年)に始まった織田信長と石山本願寺との争い(石山戦争)の和睦成立に奔走し、本願寺の危機を救った人物である。
戸川町
苫田郡林田村が町制・改称、津山東町となる。 1929年2月11日 - 津山町が周辺の町村と合併し、市制施行し、津山市となる。 岡山県道68号津山加茂線 吉田楽器 妙願寺 長泉寺 ^ 津山だんじり保存会館 - 戸川町- 和泉橋警察署 『新旧対照市町村一覧』第2冊(東京:加藤孫次郎, 1889(明22)) 地名編纂委員会
関成政
森家に仕える。1,000石。 三男 幼少時に溺死 四男・了向 幼名:竹若丸。石山本願寺との和睦の際に僧籍に入り、美濃国金山妙願寺の住職となる。森忠政の美作国転封に伴って妙願寺も美作へと移転した。 五男・成次 津山藩家老。森忠政の娘婿。 孫・森長継 二代目津山藩主。 関氏 一宮城 森長可(義理の弟)
石山合戦
『森蘭丸の母とその流れ~妙願寺史に沿って』 太田牛一編『信長公記』巻三から巻十三 武田鏡村『織田信長 石山本願寺 合戦全史』ベスト新書 2002年 ISBN 978-4584120521 小和田哲男『戦国合戦事典』PHP文庫 1996年 ISBN 978-4569568621 森嵩正『森蘭丸の母とその流れ~妙願寺史に沿って』近代文芸社
滋賀県道297号安曇川高島線
滋賀県道298号常磐木音羽線(バイパス) 滋賀県道298号常磐木音羽線(旧道) 滋賀県道295号市場野田鴨線 滋賀県道296号畑勝野線 日吉神社(西万木) 妙願寺 滋賀県信用組合 安曇川支店 安曇川郵便局 NTT西日本 滋賀支店安曇川別館 滋賀銀行 安曇川支店 高島市役所 安曇川支所 高島市立安曇川中学校、安曇小学校
妙向尼
慶長元年(1596年)、金山城にて死去。戒名は勝壽院殿釋妙向禅尼。 夫:森可成 子 可隆 長可 成利(蘭丸) 長隆(坊丸) 長氏(力丸) 忠政 碧松院(関成政室) 娘(青木秀重室) うめ(木下勝俊室) ^ 『林家覚書』では天文5年(1536年)生まれとする。 ^ 『森家先代実録』 妙願寺
津山町 (岡山県)
藺田川(中央・城南地区を除く) 城北地区 鶴山公園 津山まつり(10月第3・第4週末) 津山さくらまつり(4月1日 - 15日) 究竟寺 妙願寺 長泉寺 福泉寺 泰安寺 愛染寺 本行寺 長安禅寺 妙法寺 寿光寺 大圓寺 妙勝寺 成道寺 光厳寺 本琳寺 高松最上稲荷(分院) 徳守神社 八頭神社
森成利
178 ^ a b c d 泉秀樹 著『戦国なるほど人物事典』PHP研究所、2003年、p.179 ^ 『兼山記』 ^ 森嵩正『森蘭丸の母とその流れ~妙願寺史に沿って』近代文芸社、1996年。 ^ 『信長公記』 ^ 『兼山記』 ^ a b c d e 泉秀樹 著『戦国なるほど人物事典』PHP研究所、2003年、p
東神吉町
陀如来。1615年(元和元年)6月開基。 明円寺 - 真宗大谷派の寺院。山号、龍音山。本尊、阿弥陀如来。1691年10月(元禄4年閏8月)開基。 妙願寺 - 浄土真宗本願寺派の寺院。山号、音谷山。本尊、阿弥陀如来。1516年8月15日(永正13年7月16日)開基。 源通寺 -
各務元正
慶長5年10月15日(1600年11月20日) 別名 勘次郎、清右衛門、兵庫助(仮名)、 鬼兵庫(渾名) 戒名 鐡梅長春禅定門・鉄梅院殿長春居士 墓所 岡山県津山市戸川町 妙願寺 主君 斎藤道三→森可成→森長可→森忠政 氏族 各務氏 父母 父:各務盛正 母:おおがみ殿(土岐政房の娘) 兄弟 各務元正、各務一学 子 元峯、正休、紀伊(森重政室)

企業データ

QR CODE
jquery
HeartRails Express
Webサービス by Yahoo! JAPAN

PAGE TOP