Vinca Beta

岡部勝

基本情報

所在地
〒312-0011
茨城県ひたちなか市大字中根2059
TEL / FAX
029-275-2973
e-MAIL
URL
業種
水道衛生工事・保守
コメント
最寄り駅
ひたちなか海浜鉄道湊線 中根 1850m
ひたちなか海浜鉄道湊線 金上 2330m
ひたちなか海浜鉄道湊線 日工前 3210m
周辺情報
ひたちなか市立中根小学校 小学
ローソンひたちなか東中根店 ローソン

関連情報

地図

Open Google Map

ウィキペディア検索

岡部宣勝
岡部 宣 勝 (おかべ のぶかつ、慶長2年(1597年) - 寛文8年10月19日(1668年11月23日))は、美濃大垣藩の第2代藩主、播磨龍野藩主、摂津高槻藩主、和泉岸和田藩の初代藩主。岸和田藩 岡部 家2代。 岡部 長盛の長男。母は松平康元の娘。正室は桑山元晴の娘。子に行隆(長男)、高成(次男)、豊明(
岸和田藩
千石をそれぞれ分知した。しかし、康映は藩主となったその年に播磨国山崎藩に転出した。 松平康映の妻の父である 岡部 宣 勝 が摂津国高槻藩より6万石で入封し、以後は明治維新まで 岡部 氏の所領となった。宣 勝 の入封当初、松平氏の代に高直しとなったことに不満を持っていた南郡・日根郡の領民が強訴(寛永の強訴)を行った
高槻藩
1640年) 岡部 宣 勝 (のぶかつ)従五位下。美濃守。 岡部 長盛の長男。 3万6000石 譜代 (1640年 - 1649年) 松平康信(やすのぶ)従四位下。若狭守。松平家信の次男。 3万6000石 譜代 (1649年 - 1871年) 永井直清(なおきよ)従五位下。日向守。永井直 勝 の次男。
岡部行隆
岡部 行隆(おかべ ゆきたか)は、和泉岸和田藩の第2代藩主。岸和田藩 岡部 家3代。守成の名君と称されている。 元和3年(1617年)、初代藩主・ 岡部 宣 勝 の長男として江戸に生まれる。寛文元年(1661年)10月27日、父の隠居により跡を継ぐ。この時、5000石を弟の高成、2000石を豊明にそれぞれ分与
岡部長泰
岡部 長泰(おかべ ながやす)は、和泉岸和田藩の第3代藩主。岸和田藩 岡部 家4代。 第2代藩主・ 岡部 行隆の長男として江戸にて生まれる。初名は宣就。貞享3年(1686年)8月25日、父の隠居により跡を継いだ。藩財政は豊かで、祖父 岡部 宣 勝 や父の藩政のもとで岸和田藩は全盛期を迎えていたが、長泰は奢侈を戒めて
岡部氏 (藤原南家)
江戸時代に入り、正綱の子 岡部 長盛は、大垣城主となる。長盛の子、 岡部 宣 勝 の時、岸和田藩主になる。 岸和田藩主 岡部 氏 岡部 宣 勝 岡部 行隆 岡部 長泰 岡部 長敬 岡部 長著 岡部 長住 岡部 長修 岡部 長備 岡部 長慎 岡部 長和 岡部 長発 岡部 長寛 岡部 長職 太字は当主、実線は実子、点線は養子。
泉光寺
岸和田藩 岡部 氏初代藩主 岡部 宣 勝 が、領内の和泉国南郡上松村に別荘を建立し、隠居屋敷とした。遺言により、亡骸をここに葬り、後の寛文8年(1668年)寺院に改められ、以後 岡部 氏の菩提寺となった。境内には初代宣 勝 をはじめ、代々13基の五輪塔がある。この累代の墓は市の史跡にも指定されている。また 岡部
岡部長備
岡部 長備(おかべ ながとも、宝暦13年3月4日(1763年4月16日) - 享和3年11月5日(1803年12月18日))は、和泉岸和田藩の第8代藩主。岸和田藩 岡部 家9代。 第7代藩主・ 岡部 長修の長男。正室は青山忠高の娘。子に 岡部 長周(長男)、 岡部 長慎(次男)、 岡部 盛 勝
伊丹康勝
勝 の母方にあたる 岡部 氏)を頼りに今川氏の家臣となっていたが今川氏の没落後は武田氏に仕えていた。のちに武田氏が織田信長による甲州征伐で滅ぼされると徳川家康の家臣となり、康 勝 も幼少期から家康に仕えた。名前の「康」の字も家康から偏諱を受けたものと推測される(「 勝 」の字は父の初名・雅勝より)。
岡部正綱
岡部 正綱(おかべ まさつな)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。今川氏、武田氏、徳川氏の家臣。 岡部 久綱の子、 岡部 長盛の父。次郎右衛門尉。 『武徳編年集成』には、少年時代の正綱は人質として駿府に連れてこられた徳川家康と仲良くなり、 岡部 家は日常生活面で助力するなど家康に対して今川家の重臣の中

企業データ

QR CODE
jquery
HeartRails Express
Webサービス by Yahoo! JAPAN

PAGE TOP