Vinca Beta

光乗寺

基本情報

所在地
〒939-1117
富山県高岡市戸出大清水395
TEL / FAX
0766-63-1859
e-MAIL
URL
業種
寺院
コメント
最寄り駅
JR城端線 戸出 1050m
JR城端線 林 2190m
JR城端線 二塚 3380m
周辺情報
サークルK高岡大清水店 サークルK
高岡市立戸出東部小学校 小学
戸出消防署 消防署

関連情報

地図

Open Google Map

ウィキペディア検索

高野山真言宗
遺跡本山(ゆいせきほんざん) 神護 寺 (京都市右京区)、観心寺(大阪府) 別格本山 高野山内27 寺 - (和歌山県高野町) (宝亀院、桜池院、天徳院、正智院、宝城院、西禅院、明王院、龍光院、親王院、総持院、西室院、南院、金剛三昧院、龍泉院、 光 台院、福智院、本覚院、本王院、普門院、一 乗
天台宗
金剛山常楽寺(長野県上田市) 宝積山 光 前 寺 (長野県駒ヶ根市) 龍谷山水間 寺 (大阪府貝塚市) 書写山圓教 寺 (兵庫県姫路市) 大山寺(鳥取県大山町) 契山大興善寺(佐賀県基山町) 六郷満山両子 寺 (大分県国東市) 谷汲山観音寺(北海道河東郡音更町) 青柳山談義堂院龍蔵 寺 (群馬県前橋市、青柳大師) 春日岡山転法輪院惣宗 寺 (栃木県佐野市、佐野厄除け大師)
藤原北家
中心人物として政権を主導したが、天平9年(737年)の天然痘蔓延により他の兄弟とともに病没してしまう。 その後奈良時代後期~平安時代初期にかけては、 光 仁朝で房前の子である永手・魚名が左大臣に昇るが、桓武朝では永手の嫡男・家依は早逝し、魚名は氷上川継の乱に連座して失脚したこともあり、南家・式家に押されがちの状態にあった。
高野山
千手院寂静院、普賢院、金剛頂院などが焼失。 1882年 明治15年 自性院他2か 寺 、谷上蓮金院等が全焼。 1884年 明治17年 高野山とその周辺の13か字が合併して高野村となる。この年、谷上の蓮金院焼失。2月 西院と恵 光 院から出火。50か 寺 、130戸に類焼する大火になった。 1888年 明治21年 3月23日
不動明王
他説もある。特に広辞苑等では「三不動」として以下の組み合わせが併載されている。 目黒不動 - 瀧泉寺 目白不動 - 金 乗 院 目赤不動 - 南谷 寺 目黒不動 - 瀧泉寺 目白不動 - 金 乗 院 目赤不動 - 南谷 寺 目青不動 - 教学院 目黄不動 - 永久寺 目黄不動 - 最勝寺 北海道三十六不動尊霊場 東北三十六不動尊霊場
門跡
大内山仁和寺(御室御所) 嵯峨山大覚寺(嵯峨御所) 蓮華 光 院 醍醐山醍醐寺三宝院 醍醐山醍醐寺金剛王院 牛皮山隨心院(小野門跡) 亀甲山勧修寺(山階門跡) 吉祥山安祥 寺 東南院 上 乗 院 勝宝院 菩提院 教令院 浄土宗 華頂山知恩教院大谷寺(知恩院) 聖衆來迎山無量壽院禅林 寺 (永観堂) 日蓮宗 瑞龍寺(村雲御所)
最澄
788年、自刻の薬師如来を本尊とする草庵、後に延暦 寺 根本中堂となる一 乗 止観院を創建する。 797年、桓武天皇の内供奉十禅師。 801年、比叡山一 乗 止観院で法華十講奉修。南都六宗の高僧10名に講師を依頼する(請十大徳書)。 802年、高雄山寺(神護 寺 )法華会(ほっけえ)講師。桓武天皇より入唐求法(に
延暦寺
乗 止観院と名付けた。この 寺 は比叡山 寺 とも呼ばれ、年号をとった「延暦 寺 」という 寺 号が許されるのは、最澄の没後、弘仁14年(823年)のことであった。時の桓武天皇は最澄に帰依し、天皇やその側近である和気氏の援助を受けて、比叡山 寺 は京都の鬼門(北東)を護る国家鎮護の道場として次第に栄えるようになった。
良忍
天承2年2月1日(1132年2月19日))は、平安時代後期の天台宗の僧で、融通念仏宗の開祖。聖応大師。 尾張国知多郡の領主の秦道武(はた の みちたけ)の子。良仁とも書き、房号は 光 静房または 光乗 房。生年は延久4年(1072年)説もある。 比叡山東塔常行三昧堂の堂僧となり、雑役をつとめながら、良賀に師事、不断念仏を修める。また禅仁・観勢
真言宗醍醐派
寺 (広島県尾道市)・道隆 寺 (香川県多度津町)・観音寺(香川県丸亀市)・龍泉寺(奈良県天川村) 別格本山 金剛王院(一言 寺 、京都市伏見区)、理性院(醍醐寺山内、京都市伏見区)、報恩院(醍醐寺山内、京都市伏見区)、 光 台院(醍醐寺山内、京都市伏見区)、無量寿院(醍醐寺山内、京都市伏見区)、品川 寺

企業データ

QR CODE
jquery
HeartRails Express
Webサービス by Yahoo! JAPAN

PAGE TOP